So-net無料ブログ作成
検索選択

SMILE FOR PEACE

WC日本代表戦の日 ↓に行ってきました

Northern19 "SMILE TOUR 2010"
~ファイナルシリーズ ワンマン~
at:新木場STUDIO COAST

うーん!客全体がヤング!ノリもヤング!ゆとり世代!

COASTを満杯SOLDにするにはまだ早かったノーザン
フロア入口前方や奥は柵で仕切られてた
後方にはテーブル的なもの置かれてた COASTでそんなのはじめて見たよ

SEは「WE'LL BE ALRIGHT」
壮大なインストヴァージョンに合わせてCOASTサイズのバックドロップ!
こういうのっていつ見てもアガル~!!!

最初は前方はじっこでモッシュのおこぼれもらいながら そのうちモッシュに巻き込まれ 中盤は真ん中まで下がって多少ゆとり空間で

しかし・・・・・・・・・
ノーザンのお客さんってお客さん同士でワッショイするのがほんと好きね~
ことあるごとにサークルつくるわ 曲終わるごとにハイタッチするわ
あちこちでサークルつくられていたらしい
もちろんモッシュ祭でダイブ祭
フロア全体がヤングだからモッシュもキレ味よくイキのいい感じだったよ~

畳み掛けるようにどんどん曲やってた ワンマンってことを考えるとMC少なかったと思う
ステージのはじっこやそれぞれのアンプの上にサイレンが置かれてたんだけど それはMCで健太郎くんが噛んだときに回る用だったようで(笑)
ネタでも見ているかのような 健太郎くん噛む→サイレンお知らせ→フロアブーイングだった
はじめて全国津々浦々まわるツアーでいろんな土地 いろんなひと いろんなラーメンに出会った 徳島ラーメンと和歌山ラーメンを述べたのはこの2つが格別に美味しかったのでしょう

ノーザンは「ウォー!」と叫べるアンセムが多い 
ここぞとばかりに腹から声を出し叫ぶ叫ぶ それがもうめたくそ気持ちいい!
叫ぶ 踊る モッシュに加わる(加わるというより食らうだな・・・)で中盤に差し掛かる前にはもう汗びっちょり

途中でゲストを呼び込むサプライズ
まずはUNDER LIFEのJunさんという方が登場 ピアノが加わっての「FACE TO FACE」
続いてTOTALFATのJoseが登場 T-SQUAREのカバー「OMENS OF LOVE」を披露!
ファイナルならではのサプライズでございました

ノーザンのLIVEで一度はやってみたい「STAY YOUTH FOREVER」での肩車
このLIVE中も密かに狙ってたんだけど 気づいたらあちこちに肩車ができていてすっかり乗り遅れ・・・・・・これは本気で悔しかったぁ~~~!!!
肩車狙いでど真ん中のモッシュエリアにいたので 続いての「SMILE FOR PEACE」で飛びました サークルに加わってぐるぐるまわるのでよかったんだけど 肩車してもらいながら叫べなかった悔しさがハンパなかったのです これマジで

アンコール1曲目では健太郎くんがアコギで弾き語ったり
アンコールこんなにやったんだぁ~とセトリ見てびっくり
つーか持ち曲ほぼ全部やったと思われるセトリなわけでこれにもびっくり

ダブルアンコはなかったけど 終わってすぐ流れたBGM「SMILE FOR PEACE」でサークルできちゃう若さって素敵ね!

終わってみれば 汗びっちょり超えで喉カラカラ ハンパない水分補給
コウさんコーラごちそうさま!

秋にはアンコールツアー開催らしい
今度こそ肩車してもらいに行くぞぉ!!!
 
セトリ
TRUTH / RED FLOWER / ANSWER / NEVER AGAIN / CRAVE YOU / NEVER ENDING STORY / HOLIDAY OF THE SUMMER VACATION / MY PUNISHMENT / HAVEN / ALL I WANT IS YOU / THE WORLD IS MINE / THE NIGHT WITHOUT A STAR / WE ARE / BY MY HAND,AND MY HEART / ALIVE / REMAINING FALL / DON'T GO AWAY / DRAW MY WORLD / SLAVE TO ROCK / MEMORIES / FACE TO FACE / OMENS OF LOVE / THE DEPERTURE / HEARTBREAKER / SHOOT UP SOON / LOSERS WIN LAST / MORATORIUM / STAY YOUTH FOREVER / SMILE FOR PEACE / WE'LL BE ALRIGHT 

アンコール 
ALONE / SOMEDAY / I'M SORRY / FAREWELL/START / BELIEVE SONG / TRYOUT / SUMMER 


2010-06-24 16:05  コメント(3)  トラックバック(0) 

GET ON THE OMUNIBUS TOUR II

6/13(sun)
GET ON THE OMUNIBUS TOUR II
at:渋谷 O-EAST & DUO -Music Exchange



1月のPOD新年曾では高見の見物だった RAZORS EDGE
つーかそれまでもオトナ見だったんだけど 急にツボにはまったな~
サークルには参加しないも はじっこでギャーギャー騒いで楽しかった
新作いっぱいやるって言った9/26ファイナルは行くぜよ 必ずっ!

これまたPOD新年曾以来の SLIME BALL
GOOFY’S HOLIDAYのエンディーさんがサポート 不思議な感じだった
はじっこにいたんだけど 1曲目「ONE MORE MILE」でフロア中央のモッシュに加わりたくなってじわじわとセンターへ つーかアガルよ~!!!
からの~「Don't Hate Me」やっちゃうって!!!ギャー!ギャー!
「INSANE」「Sunshine Girl」も最高!
んでもってラストに「Stand By Me」だーもーのーーー!
もう飛びたくなってウズウズ ワタシの前にいた男子が持ち上げクンだとわかったので最後の最後にお世話になりました
人様の頭上で「スタン~ド バイ ミー!」と叫べてめちゃくちゃ気持ちよかったっす

FC FiVEのゴリゴリハードコアを3曲ほど楽しんで OCEANLANE
1曲目にコンピ収録曲「Chain of Hatred」
ようやくLIVEで聴けて嬉しかった~~~大好きなんですこの曲
OCEANLANEはLIVEがよくて見ると音源ちゃんと聴こうと思うんだけど なかなか聴く機会に至らないバンドのひとつでありんす

PODなんだから!ってことでGARLICBOYSをちょっとでも
フロア入ったらちょうど「電撃セラピー」ですがなー!きゃー☆
「凄絶ディザスター」も聴けてラッキー!
「あん飛ば」とか「失恋モッシュ」聴きたかったしオモロMCも聞きたかったけど(←トイレ行ってた~涙)「凄絶ディザスター」終わりでDUOへ移動~

COMEBACK MY DAUGHTERS
1曲目なにやったか覚えてない・・・・・・2曲目に早々と「Term」やったのは覚えてるのに・・・
「Have Lancho」やらなかったなぁ~
5月のCOME HOMEの盛り上がり再びですごくいい雰囲気だった
「Boys Don’t cry」「Fully Closed And Naked」とかまあいつものセトリではあるけども~楽しいからいいのだ~~~
「Cecilia」からの「Bored Rigid」の流れはほんとにほんとに素敵 物語のよう
ラスト前で「Bite Me」!たまらずセンターに突っ込むとまさかの最前突破(笑)
そのままラスト「Oh Smoke Sister」ワッショイワッショイな終わりっていいじゃーん!

このままF.I.Bを待ってもよかったんだけどやっぱり見たくなって 
FRONTIER BACKYARD
フロア入ったらコンピ収録曲の「TRANCE NONE」をやってた・・・はず
そこから「Putting on BGMs」からの~「Hope」というアヤコ的大テッパンな流れでギャー!ギャー!!ギャー!!!
FBYで踊り狂って体力を使い果たした感が・・・FBYとYSIGはいつだって踊らずにいられないんじゃーい!
最後まで見たかったけど 「Hope」終わりでふたたびDUOへ移動

2月以来のF.I.B!
だいすきな「promised place」がアタマから聴けなくて悔しかった~~!
うーん やっぱり客層が若い!(笑)
ダイブもモッシュもすごいすごい はじっこにいたのにモッシュで飛ばされたひとに巻き込まれてモッシュしてないのにアザできた(苦)
中途くん4キロ痩せたって 確かにちょっとシュッっとしてた フロアからの「ストレス?」は笑った 自転車乗ってるらしいですよ
「たまにはメンバー紹介を」と言ってドラム健太くんを下ネタ満載で紹介して「と前3人です」と括ったのは面白かったよ中途くん!
チャンスあれば飛びたかったけど ケガしそうな気がしてやめました・・・いつか飛びたいF.I.Bでっ!
アンコールあったのかもしれないけど 本編終わりで続々とO-EASTへ向かうひとたちが もちろんワタシもそのひとり

トリを飾るはやはりこの方 Ken Yokoyama!
ぶっちゃけ 健さんのときは疲れきっちゃって後方でオトナ見しちゃいました・・・(苦)
でも 後方からフロアの雰囲気コミで楽しめてよかったと思う 
最初の肩車とか ダイバーの嵐とか ダイバーが柵に上って飛んでいくサマとか そういうの見てまたアガったし
「時間短いから今日は少ないけど」って健さん言ってたけど イベントにしては盛りだくさんだったよ!イベントらしい新旧織り交ざったいいセトリだったと思う!
時間が短いってことで健さんのオモロトークは少なかったかな
でも 途中でいきなり「今日でガンちゃんは脱退します」とか言っちゃって “ダーマン”という新ドラマー(顔面マスクを被ったガンちゃん)で途中からやるとか面白すぎだから!

せっかくなので健さんだけセトリどーん
Kill For You / Pressure / Stay Gold / A Stupid Fool / Your Safe Rock / Jealous / Ten Years From Now / Running On The Winding Road / How Many More Times / Let The Beat Carry On / Still Burning / Believer / Punk Rock Dream
Encore
Ricky Punks / Funny Things / Don't Make Me Pissed Off Fuckin' Son Of A Bitch

ダブルアンコまであると踏んでみんな粘ったけど どうやらなかった模様


とにかく楽しすぎて 身体は疲れているのに興奮冷めやらずにその日の眠りが浅かったくらい よっぽどのことがない限りそんなことないから よっぽどと言えるくらい楽しかったんだと

CBMDやOCEANLANEのPOP寄りなバンドからFC FiVEや見てないけどMEANINGといったゴリゴリ系まで とにかくジャンルの幅広さが魅力的なイベントだった 
和・洋・中全部取り揃えたブッフェみたいな
どのバンドもよかったしね

しかし POD企画のイベントは間違いないと改めて確信
2010年はアヤコにとって 本当にPIZZA OF DEATH YEARなんだと思う どっぷり楽しませてもらいますYO!

しいていえば・・・・・・・・・HONGOLIAN見たかった!(笑)



今日はNortern19!!!!!


2010-06-19 14:44  コメント(2)  トラックバック(0) 

LET'S!PLAY!IT!ALL!

平日は仕事に邁進
休日はLIVEに邁進
そんな6月
LIVEの思い出なんぞ書き記す

半月も前のことになっちまった
6/5(Sat)
YOUR SONG IS GOOD  B.A.N.D.T.O.U.R.-FINAL-
at:日比谷野外音楽堂

座席ある野音でユアソンかぁ~と当初はあまり乗り気になれなかったツアーファイナル
4月のFEVERで見られるから野音は捨ててもいっかぁ~くらいに思ってた
しかししかし
FEVER行ったおかげで野音参戦を決める そんなモンだよね

当日朝 LIVEの時間のみ雨というピンポイントすぎる天気予報 まじかー
と思いきや 雨はなんとか持ちこたえ STARTまでは気持ちよく酒酒TIME
ちなみにおやつ(a.k.a ツマミ)は300yen以内でしたわよっ!

さてさて肝心のLIVE
1曲目から「THE LOVE SONG」とはビックリ
FIGHT BACK! FIGHT BACK! FIGHT BACK!」と続いて
3曲目「A MAN FROM THE NEW TOWN」でガマンできず 座席を飛び出し通路で踊る阿呆化
最初からそのつもりでしたけどね

詳細は
こんなのや→ http://www.newaudiogram.com/editors/livereview/166101320.php
こんなのを→ http://ro69.jp/live/detail/35678
読んでいただいて(※手抜き)

ワタシはとにかく踊り倒すことに全神経が注がれて メンバーをガン見(a.k.a 観察)なんて全くしなかったら 細かいことはわからないけど
いつものぐちゃぐちゃがちゃがちゃさに加えて 気迫溢れるイキフンを感じた
CDJでカウントダウンしたときと同じような緊迫感があった
ダータカが泣いてた(← http://www.kakubarhythm.com/ysigblog/)なんてまったく気づかなかったわぁ~

「NETTAI BOY ~熱帯ボーイ~」のモーリスイントロで照明が赤く染まったのがものすごくマッチしててテンション激アガリ
「UNBREAKABLE」ではステージ全体に星が流れる照明演出でフロア全体が「ウォーッ!」というどよめきが起きたりと 野音ならではの演出に感動

本編ラストの「B.A.N.D」は本当に素晴らしかった!!!
曲にいく前のJxJxのMCもオモロながら感動的だったし ここがこの日のクライマックスだったと言って間違いないかと

アンコールでメンバーが登場する前にバリカク氏(もちろんヨッパライ)お約束的オンステージでひとこと
アンコールでは懐かしの「"2,4,6,6,1,64" number」に「GOOD BYE」もやってくれて新旧入り混じったいいセトリでした

20:30に音止めの野音
最後にMU-STARSが5分だけDJ TK(From CBMD)がまさかまさかで歌っちゃうサプライズとかうほほーい!

一心不乱にただただ踊り倒せるLIVE 本当に最高です
こんなLIVEがだいすきです
YSIGだいすきです
YSIGを好きになったワタシもだいすきだぜ!!!



んでもって翌週はPODコンピツアー
これもまた・・・・・・・・・・・・♥♥♥
つ・づ・く!!!


2010-06-17 18:33  コメント(2)  トラックバック(0) 

西荻窪へGo!

新木場の翌日は西荻窪へ

~TROPICAL GORILLA PRESENTS
STUDIO TROPICANA vol.2
at:西荻窪STUDIO UEN
act:TROPICAL GORILLA / RUDE BONES / BREAKING POSITION / YELLOW GANG / LIPLID

ハコ(スタジオ?)に着いてみれば ゴリゴリなイキフンがむわ~んと
ちょっと怖気づいてみたり・・・

酒やらじゃがりこやらを買い込みスタジオのある2FへGo!
わぁ~~~スタジオ前にひとがわんさかいるよ~~~

スタジオに着いたのが21時過ぎだったので この時点でどのバンドがやってるのか全然わからず・・・
フロアにおひさ~~なLIVE友がいて キャーキャーしたり 持ち込んだ酒でカンパーイしたり 持ち込んだお菓子を分け合ったり 

そういや ワタシは遭遇しなかったけどLIVE中にまさかの火災発生!アンプから火が出たらしい
その場に居合わせたひとから写メ見せてもらったけど・・・つーか写メ撮っちゃうくらい緊迫感なかったんだね~

さてさて肝心のLIVE
酒飲んでホロホロ~な状態で音に身を任せるのはホントに楽しいね~
ぶっちゃけルードとトロゴリ以外はまったく知らないバンドだったけど キライじゃない音だった

ハジメマシテのRUDE BONES
メンバーがセッティングしているとき フロアみんな座っちゃって まさかの着席スタイルなのか?!と んなワケないんだけど
いざはじまれば フロアはいちばんの入り具合だったと思う
SKA!SKA!SKA!なんじゃこりゃーーー楽しいーーーーー!!!!!
曲まったく知らないのに しいては音源を聞いたことすらないのに踊らずにはいられない!!!
ステージもフロアも雰囲気がめたくそよくて それがまた楽しさ倍増だったのかもしれん とにかく予想をはるかに上回る楽しさでございました

そして トリであり主催であるTROPICAL GORILLA

ゴリも何度か見ると聴いたことある曲が増えてくるな~
個人的にはホーン隊が飛び入りしたSKA調な2曲が踊れて楽しかった

めちゃくちゃせまーい空間なのにサークル起こすし起きるし(5~6人くらいでグルグルと)
ステージとフロアの間に段差なんてないから ミツル氏RED氏がんがん前に出てくる出てくる
ゴリのLIVEにいっつもいる女子 RED氏のマイクでコーラスしまくり(笑)
最後に1人だけダイブしてたな~

一応本編とアンコールというくくりがあって・・・でも本編終わりで終電気にして帰るひとが半分近く つまりもうそんな時間
アンコールは1曲(2曲?)で終電間に合う23:40くらいに終わったはず

500yenぽっきりワンコインでこんなに楽しめて 思いっきりおトクでした
いぇい☆


2010-06-01 17:00  コメント(4)  トラックバック(0) 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。